一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント|よく染まって色落ちしない使い方講座
白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントはお風呂で塗るべき?洗面所の鏡を見ながら塗るべき?

白髪染めトリートメントでカラーリングするときに「濡れた髪に塗るか乾いた髪に塗るか」という問題があります。

濡れた髪に塗るならお風呂でシャンプーした後になりますし、乾いた髪なら洗面所でもお風呂でもどちらでも塗れます。

なので、カラー液をこぼしてもすぐ洗い流せるお風呂で染めれば、濡れた髪でも乾いた髪でもどちらでもベストかなと思います。

顔回りにカラー剤がついても染まらないように油分の多いワセリンなどのコールドクリームで保護して、垂れてしまったカラー液はすぐにシャワーで洗い流しましょう。

大理石とかじゃなかったら洗剤をつけたスポンジで床や洗面器などは簡単に色がとれますが、お風呂場なら大きな鏡もありますしシャワーも使えるので最適ですね。

↓一番よく読まれているページ↓

一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント|よく染まって色落ちしない使い方講座

お風呂で白髪染めトリートメントを塗った後はラップをしてからリビングで時間を置こう

入浴中にカラーリングしちゃうと長い時間を置くのが面倒くさくてつい10分15分で洗い流しがちです。

でも白髪染めトリートメントは30分40分と少し長めに時間を置くことでより綺麗に濃く染まるので、白髪が伸びている状態で使用するならしばらく放置時間を作ってみてください。

10分置いて染めるよりも長く置いたほうが断然染まりますよ、10分染め2回と30分染め1回だと同じぐらいの白髪染め効果になります。

初めて白髪染めトリートメントで染める方であれば「お風呂で乾いた髪に塗ってからラップして45分放置」でもいいと思います。

よほど髪が染まりやすい人や色の濃いブラック以外を使うなら、45分置いても染まりすぎて濃すぎる仕上がりにはなりません。

白髪にちゃんと色がついているなら10分染めでも問題ありませんが、白髪に全然色がついていないなら長時間放置がおすすめです。