一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント|よく染まって色落ちしない使い方講座
白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントは髪へのダメージが最小限だから痛まない|髪と頭皮を守りながら白髪染め

白髪染めトリートメントはヘアマニキュアやヘナと同様に「髪や頭皮に与えるダメージが少ない白髪染め」です。

さらに、マニキュアやヘナにはない「白髪を染めながら同時に髪の補修ケアができる」ので、白髪染め用品の中で一番「髪と頭皮に優しい」といえるでしょう。

今回は肌が弱い方や薄毛に悩んでいる方でも安心して使える、そんな白髪染めトリートメントの「髪や頭皮が痛まない理由」を解説していきます。

↓一番よく読まれているページ↓

一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント|よく染まって色落ちしない使い方講座

白髪染めトリートメントは黒髪を脱色するブリーチ作用がないからダメージが少ない

ヘアカラーの中で髪にダメージを与える理由の一番大きなものは「脱色作用」です。

髪を金髪にするための色を抜く「ブリーチ」はもちろんのこと、通常のヘアカラーや白髪染めにも脱色作用があります。

白髪染めの場合は黒髪を脱色して明るくしつつ、明度が上がった黒髪と色のない白髪を同時に染めて均一な色の髪の毛にしていきます。

このとき、髪の黒色を作っている要素になる「メラニン色素」を壊すため、化学薬品を髪の内部で反応させるわけなんですが…これがダメージの大きな原因なのです。

 

でも白髪染めトリートメントは脱色作用がないので、白髪だけを染めて黒髪は明るくなりません。

逆にいえば黒髪は明るくできないけれども、髪を傷めずに白髪を染めることができるというわけですね。

白髪染めトリートメントは置き時間中に髪の内部に美容成分を浸透させられる

白髪染めトリートメントの大きな特徴に「染めながら同時に美容ケアまで出来る」があります。

ほかの白髪染めは成分の都合で染めながら補修はできませんが、白髪染めトリートメントなら「髪に与えるダメージが少ない上に髪を修復させられる」ので、効率よく髪質を改善させられます。

お風呂に入っているときにトリートメントを塗って長い時間置いておけば同じ効果が得られますが、商品1つで白髪染め+美容ケアができるのでコスパがとてもいいですよ。

それに白髪染めの日は強制的にトリートメントを行うことになるので、つい忘れがちな髪のケアが知らずうちにできるのは意外と助かります。

アレルギー成分や刺激成分がないので頭皮の健康を損なわない

通常の白髪染めで「髪が痛んで乾燥して広がりやすくなるから嫌だなぁ」と感じている人は多いと思います。

そして「最近は年齢のせいか髪が細くなって少なくなってきている…」と薄毛の悩みがある人もいるでしょう。

個人的に白髪染めで髪が痛んでもケアすればどうになりますが、頭皮の新陳代謝が悪くなったり毛穴が炎症して「正常に毛が生えてこない・育たない」ことのほうが何倍もまずいと思っています。

失った毛を取り戻すのは大変ですし、女性の場合だと女性ホルモンが顕著に減る40代前後から薄毛に悩まされる人も多いです。

白髪を染めて髪を綺麗に見せるのはとても大事なことですが、それ以上に「頭皮の健康を気遣うべきだ」と思うのです。

白髪染めトリートメントは肌に悪影響なアレルギー成分のジアミンは使われていませんし、低刺激の染料が主成分なので頭皮への刺激も弱く作られています。

髪と頭皮をいたわりながら白髪染めすることも、人によっては綺麗に白髪を染めること以上に大事なのではないでしょうか?