一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント|よく染まって色落ちしない使い方講座
白髪染めトリートメント

ドラッグストアで販売されている市販の白髪染めトリートメントは染まらない?

ドラッグストアで販売されている市販の白髪染めトリートメントでも、使い方を工夫すればそこそこ染まります。

書いてある放置時間より長めにするとか、たっぷり塗布してしっかり保温すれば白髪隠しとして十分使えます。

よく売っている商品としては「テンスター・ホーユー・ロート製薬」など白髪染め用カラートリートメントですね。

ただ、全ての市販品を買ったことはありませんが、いくつか試して思ったのは「カラーバリエーションが少ない・染色力が弱め」の2点です。

染まるっちゃ染まりますし値段も手頃な商品が多いのですが、やっぱり使い続けたくなるかと言われるとNOですね。

適当に買って適当に使ってそこそこ白髪が隠れればそれでいいかな、という人に向いている商品ばかりだと感じました。

↓一番よく読まれているページ↓

一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント|よく染まって色落ちしない使い方講座

インターネット専売品のほうが「白髪染め効果・美容効果」の両方が高い

価格が違うので当たり前かもしれませんが、市販品じゃないネット専売品のほうが染色力と補修ケアのどちらも能力が高いと感じました。

よくドラッグストアで見かけるホーユーのビゲンカラートリートメントは約800円で買えるし、ネット専売品は割引なしだと3,000円弱します。

3~4倍も値段の差があるならよく染まるし潤うのが妥当だと思いますが、私は少しお金をかけてもより良い商品を買いますね。

最初の染め始めは連続使用するので消耗が早いですが、1回きっちり染まった後は週1ぐらいの頻度でしか染めません。

なので商品1本で1~2か月持つので美容院通いよりもお金がかかりませんし、市販品を買って安く抑えるよりも髪がより綺麗になる商品を選びたいからです。

 

そのため、値段が高けりゃ質がいい保証にはなりませんが、ドラッグストアで市販品を買うにしても「ある程度は値段のする商品」を選ぶことをおすすめします。

アンファーのスカルプDボーテとか、大島椿のヘアカラートリートメントなどは保湿成分も多くていいですね。

あと、市販品だと「カラートリートメント=白髪染め用」ではないので注意が必要です。

たとえばアンナドンナエブリのカラートリートメントは発色が鮮やかで白髪染めというよりも「ブリーチした金髪に色を入れて奇抜な髪色を作るアイテム」です。

全てのカラートリートメントが白髪染めとして向いているわけではないので、購入の際はよくパッケージを見て判断してくださいね。