一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント|よく染まって色落ちしない使い方講座
白髪染めトリートメント

資生堂プリオールのカラーコンディショナーで白髪染め|毎日使用が前提だから安い

資生堂プリオール

資生堂のプリオールシリーズから販売されているカラーコンディショナーNの3色を購入して白髪染めしました!

通常の白髪染めトリートメントとは違う「カラーコンディショナー」なので、毎日使うことで自然に白髪が隠れる&髪が綺麗になる仕様になっています。

白髪染めトリートメントよりも染色力が弱いので毎日塗る必要はありますが、それは髪や頭皮に優しい「酸性染料」を使っているからです。

カラダに優しいとされる白髪染めトリートメントよりもさらに安全な配合なので、ヘアマニキュア等と同様に敏感肌の方であっても刺激はほぼ感じない作りですよ。

毎日リンスやコンディショナーで髪をケアしている人からしたら、それらをプリオールのコンディショナーに変えるだけで白髪が隠れるので一石二鳥ですね。

大手メーカーが大量生産しているので価格も安いので、髪のケアを重視しつつ白髪を染めたい人はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

追記:カラーコンディショナーの新色「グレー」が発売されました。男性の白髪ぼかしに最適なカラーとなっています。

↓一番よく読まれているページ↓

一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント|よく染まって色落ちしない使い方講座

資生堂プリオールの白髪染めトリートメント3色で毛染め実験

資生堂プリオール 毛染め実験

資生堂プリオールのカラーコンディショナー「ブラック・ダークブラウン・ブラウン」の3色を人毛白髪の毛束に染めてみました。

今回はなるべく少ない回数での染まりを見たかったので、放置時間を30分と長めにして乾いた髪に塗布してあります。

25℃前後の室温で30分置いてからぬるま湯で流すという一般的な染め方ですね。

 

プリオール カラーコンディショナー 30分置 1回染め プリオール カラーコンディショナー 30分置 2回染め

上の画像が1回染めで下の画像が2回染めです。

ブラック・ダークブラウン・ブラウンという並びになっています。

資生堂プリオールは毎日使用するコンディショナータイプなので、30分置いてもそんなに染まらないと思っていましたが「想像以上に色がついた」ので驚きました。

2回染めではブラックは淡い黒色でダークブラウンとブラウンに関しては色の差が少しわかりづらいですね。

それでも2回だけでここまで色がつくのなら、毎日5分程度おいて使っていけば白髪隠しとしてはかなり優秀です。

それに刺激のない酸性染料が使われているので、毛量が減ってきたという薄毛の悩みなどを持っている方でも安心して使用できます。

個人的には色の入りが使うたびに少しずつになるので、白髪ぼかし用にブラックを使用すると自然な風合いに仕上がっていいかなと思います。

資生堂プリオール公式ページ

資生堂プリオールのカラーコンディショナーは毎日使用が前提の白髪染め用品

プリオール カラーコンディショナー 30分置 2回染め

冒頭でもお話ししましたが、染めた毛束をみても分かる通り「週1回使えば白髪が染まった状態を維持できる商品」ではありません。

あくまでもカラーコンディショナーなので、髪の補修ケアが主な目的で副産物として白髪が隠れるぐらい染まればいいやーという方に向いている商品です。

白髪を染める力が弱いなら他の商品のほうが優れてるの?と思われがちですが、

  • 通常の白髪染めトリートメントよりも刺激のない染料が使われている
  • 髪を綺麗にする美容成分が多いから髪の乾燥を防いだりツヤを出す力が強い
  • 大手メーカーが製造・販売しているため低価格で利用できる(約半額)

このようにプリオールには沢山の長所があります。

具体的にいうと、通常のヘアカラーには「酸化染料・アルカリ剤」が使われていて頭皮にも髪にも強い刺激があります。

白髪染めトリートメントは刺激を抑えるため「塩基性染料・HC染料」という2つの染料に加えて、商品によっては植物染料を使用しています。

ですが、この塩基性染料やHC染料は完全に刺激がないわけではないので、人によっては頭皮に炎症が起こったりかゆみ・かぶれが起きて使用できないケースもあるのです。

プリオールはそういった低刺激の染料さえも使用せず、酸性染料というより肌荒れリスクがない染料を使っています。

なので、薄毛や抜け毛に悩んでいる方やどうしても肌荒れしてしまい白髪染めできない人でも安心して使える白髪染め用品なのです。

毎日使うのが面倒くさい・1回で白髪を色濃く染めたい方には向いていませんが、人によっては最適な白髪染め用品なので「あなたのライフスタイルに合っていたら使ってみる」ことをおすすめします。

資生堂プリオール公式ページ

資生堂プリオールは公式サイトからの購入がお得

資生堂プリオールは公式サイトからの購入が一番お得です。

資生堂のオンラインショップに新規会員登録すると「300円OFFクーポン」が貰えるので、それを利用すれば1,100円でカラーコンディショナーが購入できますよ。

また公式オンラインショップでは送料無料・ポイントが貯まる・サンプル商品が貰えるとメリットが沢山ありますよー。

資生堂プリオール公式ページ

資生堂プリオールのよくある質問

通常の白髪染めトリートメントとの大きな違いは何?

使われている染料が「酸性染料」なことですね。

通常の白髪染めトリートメントに含まれている染料よりも低刺激な反面、色の定着力が弱いので「毎日利用して白髪隠しに使う」といった使い方になっています。

色々な白髪染めトリートメントを試してきましたが「プリオールは髪質を改善する力がピカイチ」だと思っています。

毎日使うことで美容成分が髪の内部浸透して「手触りがよくてツヤのある潤った髪質」になるので、美容効果を考えると十分アリだなと思っています。

毎日使いたくないんだけどどうすればいい?

3~5日1回の使用にして45分程度と長時間置いて使うか、諦めて別の白髪染めトリートメントを使うかの2択ですね。

どうしても配合されている染料の都合上「退色が早くて毎日使わないと綺麗な髪色を維持できない」ので、週1ぐらいで白髪ケアしたいなら別の商品のほうが向いていると思います。

なんで他の白髪染めトリートメントよりも安いの?

大手メーカーが大量生産しつつ、商品1つにそこまで広告費を費やしていないからだと思います。

簡単にいうと「大企業ならではの生産・販売方法だからコストがかかりにくい」ということですね。

小さな会社が白髪染めトリートメントを製造・販売する場合は、工場と契約したり材料を確保するほかその前に研究開発費がたくさんかかります。

それに知名度がないのでお客さんに商品を知ってもらうにも多額の広告費がかかるので、その分利益を出すために販売額を高めに設定しなければいけません。

なので、値段が安いからといって粗悪品というわけじゃないですし、値段が高いからと言って利用価値が高いわけでもないと私は思っています。

プリオールがおすすめの人はどんな人?

毎日のトリートメントが苦じゃない人や、そこまで白髪の数が多くない人におすすめですね。

毎日使用すれば白髪が少しずつ隠れていく&髪が綺麗に補修されますし、値段も手頃なのでケチらずたっぷり塗ってもコスパ〇です。

また、週2回ぐらいの使用頻度では白髪の染まりが薄くなりますが「白髪が元々少なければそこまで気にならない」ので、毎日使用しなくても白髪のストレスは少なくなりますよ。

資生堂プリオールはトリートメント効果メインで使用するカラーコンディショナー

資生堂プリオールのカラーコンディショナーは「毎日使用して白髪が少しずつ隠れていく」ぐらいの白髪染め効果です。

白髪の染まりだけを期待して購入すると「なんだ全然染まらないじゃないか…」と落胆されるかもしれません。

でも、プリオールの凄いところは「刺激が本当にない・髪がどんどん綺麗になる」という白髪染め効果以外のところにあります。

白髪は隠れればそれでいい、髪や頭皮をいたわりつつ白髪がぼかせて髪の手触りがよくなって美髪になれば嬉しいという方にピッタリの商品なのです。

白髪染めトリートメント比較サイトなどでは「あまり染まらないのでおすすめできません」と書かれていたりもしますが、正しく効果を認識して上手に活用すればとても便利な白髪染め用品ですよー!

資生堂プリオール公式ページ