一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント|よく染まって色落ちしない使い方講座
白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントは中学生・高校生の白髪隠しに使える|市販の黒染めより髪が痛まないし手軽

白髪染めトリートメントを普段から使っていると「学生だった若い頃に販売されていたら便利だったのになぁ」とよく思います。

昔はドラッグストアに売っている黒染めか美容院でしかヘアカラーできなかったので、若白髪があった私は「少ししか白髪ないのに髪痛んでまで染めるのもなぁ…」といつも感じていました。

もしお子さんが若白髪に悩んでいるなら、ぜひ白髪染めトリートメントを有効活用して悩み解消に役立ててほしいと思います。

↓一番よく読まれているページ↓

一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント|よく染まって色落ちしない使い方講座

白髪染めトリートメントは髪が痛まない&頭皮にも優しいから若白髪対策にピッタリ

白髪染めトリートメントは黒髪の色を抜いて明るくする「脱色作用」がありません。

ブリーチ機能がなくて白髪にだけ色をつける白髪染め用品なので、髪を痛ませたり頭皮に強い刺激を与えない作りになっています。

そのため、普通のヘアカラーが難しい肌が弱い方や、少し生えている白髪だけを染めたい学生さんにピッタリなんです。

お子さんが小学生でも普通のヘアカラーより安全性はかなり高いので心配なく使えますし、中高生なら自分で入浴中に塗布するだけで白髪隠しできます。

部活動をバリバリやっていて汗をかいたり紫外線に浴びると少し色落ちがありますが、上手に使えば白髪のコンプレックスを解消できる優秀なアイテムなんです。

若白髪があった自分は人に染めてもらうのが恥ずかしくて苦痛だった

白髪染めトリートメントには「自宅で簡単にセルフカラーできる」というメリットもあります。

私が学生の頃は、自分で黒染めしたり美容院で白髪染めしてもらっていました。

毎回美容院に通ったほうが綺麗に染まるし髪も痛まないのは知っていましたが、若いのに白髪があるのは恥ずかしいことだったので「人に白髪染めしてもらうのが苦痛」だったんです。

人に見られるだけでも嫌なのにそれを染めてもらうのは更に嫌でした。

もちろん友達にお願いするとかじゃないし美容師さんに見られるだけなのですが、それでもコンプレックスをさらけだすのは辛かった記憶があります。

 

そんな若白髪の苦い思い出ですが、今なら白髪染めトリートメントを使えば自分で染めることが可能です。

髪全体に塗ってからクシやコームで全体を馴染ませるだけでいいので、中学生ぐらいのお子さんでも簡単に染めれますし、脱色作用がないので塗りムラによって失敗することもありません。

時間を長く置いても髪が痛まないし明るくもならないので、セルフカラーにピッタリの白髪染めなんです。

若白髪は親が思っているよりも子供のコンプレックスになっている

今になってみれば「白髪が生えているぐらいどうってことない、いずれ皆生えるものだし」と思えますが、思春期の頃はまったくそうは思えませんでした。

「まだ若いのに目立つ白髪がたくさんあって学校に行きたくない、人に見られたくない…」と強いコンプレックスになっていました。

身長が低い、鼻が低い、毛深いetc…と悩みは人それぞれありますが、同じぐらい若白髪も日常を億劫な気持ちにさせる要因だったのです。

人の悩みは第三者が思っているよりも深刻なものが多いので、楽観視せずに若白髪対策をお子さんと一緒に考えてあげてみてはいかがでしょうか。