一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント|よく染まって色落ちしない使い方講座
白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントは薄毛や抜け毛に悩む男女の救世主|頭皮に優しい白髪染めでハゲ防止

白髪が多くなる40代50代になると、同時に頭皮のターンオーバーが乱れたりホルモンバランスの乱れが原因で「薄毛」が始まります。

特に更年期にさしかかった女性は元々髪が細い方も多く、美容室にこられるお客様の中でも薄毛に悩んでいる方が多く見受けられました。

白髪は染めたいけど薄毛は進行させたくない、頭皮に刺激を与えたくない。

そんな中高年の男女の味方になってくれるのが「白髪染めトリートメント」です。

↓一番よく読まれているページ↓

一回で染まるおすすめ白髪染めトリートメント|よく染まって色落ちしない使い方講座

白髪染めトリートメントは低刺激&脱色作用なしだから頭皮にも優しい

白髪染めトリートメントは黒髪を脱色して明るくする作用がないのと、何度か回数を重ねることで白髪を徐々に染める白髪染め用品です。

普通の白髪染めと比べると「回数が必要だから手間がかかる・黒髪は明るくできないから髪全体を茶髪にできない」というデメリットはありますが、薄毛を進行させることがほとんどないので安心して染められます。

白髪は都度染めれば問題ありませんが、髪自体が細くなってボリュームがなくなったり髪が生えてこなくなると大問題です。

ヘアカラーの薬品による刺激で肌トラブルを起こしたり頭皮の新陳代謝が悪くなると、薄毛や抜け毛・ハゲを進行させることがあるので「自分の頭髪状態にあった白髪染めを選ぶこと」が重要だと思っています。

髪が細くなるとふんわりした仕上がりにならず頭頂部がべちゃっと潰れてしまったり、頭頂部が薄くみえてみすぼらしい髪型になってしまったりします。

白髪をそのまま伸ばしっぱなしにするのは難しいとしても、髪や頭皮に優しい白髪染めで白髪ケアをするようにすることをおすすめします。

髪が細くなったり少なくなったと感じたらすぐに対処しよう

薄毛や抜け毛は加齢によって自然に進行するものですが、頭皮環境が悪くなることでも悪化します。

頭皮の奥には毛穴があって、正常に新陳代謝して細胞が新しくならないと「育毛サイクル」が乱れて細い髪になったり毛が生えてこなくなってしまいます。

ストレスをためない、しっかり栄養バランスのとれた食事をとる、睡眠不足を解消する、運動するなど肌のターンオーバーを正常化する方法は沢山ありますが「ヘアカラーによる刺激を抑える」もかなり重要です。

いくら育毛剤をつけたり頭皮マッサージをして頭皮の血行促進を促しても、つど刺激の強い白髪染めで頭皮にダメージを与えて傷つけてしまっていると本末転倒です。

黒髪の色素が分解されて茶髪金髪にしてしまうほど普通のヘアカラー剤には強力な薬剤が入っているので、薄毛に悩んでいるならヘアマニキュア・ヘナ・白髪染めトリートメントなどの「髪表面に色をつけるだけの安全な白髪染め」を使いましょう。